2007年 05月 13日
素晴らしき、室内ヒンプン(ここがよかったシリーズ)
仕事場とリビングの間に、「室内ヒンプン」(あずき夫命名)があります。
玄関を除くと、1Fは9坪。その小さな空間に壁を作ることは、ちょっと抵抗がありました。でも、伊礼さんに「あった方がいい」と言われ、しぶしぶ?残すことに(笑)。

しかし、しぶしぶ残したはずの「室内ヒンプン」は、実はかなりの優れものだったのです。

まず、仕事場とリビングの空間を絶妙なバランスで分けてくれます。仕事場にはパソコン、本、書類・・・とにかく色んなものが存在します。ちらかっていなくても、どこか雑然とした感じを与えてしまうものです。それをこの室内ヒンプンはうまーく隠してくれるんです。

b0074862_20572668.jpg

b0074862_2154798.jpg

雑然とした感じも好きなんですが、それが1F全体に及ぶのは困ります。それに、どうしたって仕事中はちらかってしまいます。でも、室内ヒンプンがあれば、そんな悩みもバッチリ解決。ついでに、ちらりと見える本や絵が、可愛らしさを演出してくれます。

そして、室内ヒンプンは、収納にもなります。オーディオ機器、書類、CDなどが、これまたきれいに収まります。びっくりです。さらに、ヒンプンの上には植物を置いたりできます。家の中のちょっとしたアクセントになって、癒し度もUPします。

b0074862_23303859.jpgb0074862_216132.jpg

とまあ、いいことづくしの室内ヒンプン。・・・でも写真がうまく撮れませんでした・・・(涙)
[PR]
by azuki_ice | 2007-05-13 21:11 | vivere(暮らす)
<< 旬を食べる・・・春キャベツ、アサリ 知る楽しみ:机上住い探訪のワー... >>